小児歯科

  • TOP > 
  • 小児歯科

Kids お子様のお口の健康をサポートします

むし歯は身近な病気ですので経験された方は少なくないでしょう。あの痛みを、かわいいお子様に経験して欲しくありません。むし歯は予防可能ですので、口腔ケアで未然に防ぎましょう。長崎市古川町の浜町アーケード近くの歯医者「医療法人 光洋会 野島歯科医院」の小児歯科では、お子様のお口の健康のための歯科診療をご提供します。お口の健康をトータルで考える全顎的(ぜんがくてき)な治療で、お子様の口元を守っていきます。

小児歯科とは?

小児歯科とは?

成長期の子どものお口の健康を守るのが小児歯科です。おもにむし歯の予防や治療を行います。また乳歯から永久歯へのスムーズな生え替わりもサポートします。基本的には0歳から15歳くらいまでの子どもが対象です。定期的な検診を通して、むし歯予防のための処置やブラッシング指導をご提供します。お子様の成長と発育に合わせて、歯並びや噛み合わせもチェックして健康的な成長に導きます。

子どもがむし歯になるおもな原因

乳歯は永久歯よりむし歯になりやすい

乳歯のエナメル質は永久歯にくらべて薄く、またむし歯の原因菌が産出する「乳酸」への抵抗力が低いので、ケアを怠るとむし歯にかかりやすくさらに進行が早いのが特徴です。

オールセラミック・ジルコニアクラウン(被せ物)

内側を硬度が高く白いジルコニアでつくり、その上に透明感が高く色調の補正をしやすいセラミック素材を使った被せ物です。強度が高く美しいので、前歯にも奥歯にもブリッジにも使用可能です。

食べカスがたまりやすい

乳歯の奥歯の溝は深く複雑な形状をしているので汚れがたまりやすく、みがき残しを起こしやすいので、そこからむし歯が発症しやすいのです。

お子様の「クセ」

口呼吸のクセがあると口腔内が乾き、むし歯の発症や進行のリスクを高めます。また食べ物をよく噛まないクセがあると自浄作用のはたらきがある唾液の分泌量が足りず、むし歯のリスクが高まります。

小児歯科メニュー

ブラッシング指導

ブラッシング指導

毎日のブラッシングがむし歯予防と治療の基本です。お子様の成長や発育段階に合わせて歯ブラシの持ち方や動かし方を指導します。また親御様の仕上げみがきのコツもアドバイスします。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素には歯の再石灰化を促し、歯質を強化するはたらきが期待できます。定期的なフッ素塗布がむし歯予防に有効です。

シーラント

シーラント

奥歯の溝に、あらかじめレジン(歯科用プラスチック)を埋めて汚れが入らないようにします。乳歯や生えたての永久歯の噛む面のむし歯予防につながります。

保護者の方へお願い

大人でも歯科治療が苦手な方がいらっしゃいますが、お子様が歯科医院を嫌ってしまうと大変です。通院が難しくなり予防処置ができないうえ治療も遅れてしまうので、お口の健康がどんどん損なわれてしまいます。そうならないようにご家族にお願いがあります。

子どもをこわがらせないでください

歯科医院に「こわい」「痛い」イメージを重ねないように、「悪いことをしたら歯医者さんに連れて行くよ」などといってネガティブなイメージを与えないようにしてください。

ウソはつかないでください

「行くだけだよ」「歯は削らないよ」などと安易なウソをつかないでください。言われたことと実際が異なると歯医者に悪いイメージがついてしまいます。通院前に子どもが分かる範囲で歯医者のことを伝え、「むし歯をやっつけに行こう」など、前向きな話をしましょう。

たくさんほめましょう

「通院ができた」「診療を受けられた」など、うまくいったときにはおおげさなくらいほめてあげてください。ほめられると自信がつき、今後の通院も抵抗が少なくなります。

叱らないでください

歯医者で泣いてしまったり、診療が受けられなかったりしても叱らないでください。次回につながるように励ましてあげましょう。

まず保護者の方がリラックスしましょう

ご家族が緊張しているとお子様に伝わります。不安な表情は控えて、リラックスして、楽しく受診できるように心がけましょう。