ホワイトニング

  • TOP > 
  • ホワイトニング

Whitening 健康な歯を薬剤で白くします

白く美しい歯は笑顔を引き立てますが、歯は飲食物の影響によりだんだんと色素沈着します。白く美しい歯にするためには、歯を削って白い人工歯を装着する方法もありますが、薬剤や光の照射によって白くする方法があります。それが歯科ホワイトニングです。長崎市古川町の浜町アーケード近くの歯医者「医療法人 光洋会 野島歯科医院」では、お口の健康をトータルで考える全顎的(ぜんがくてき)な治療を第一に、機能性だけでなく見た目にも配慮して患者様のご希望に寄り添ってまいります。

ホワイトニングとは?

ホワイトニングとは?

薬剤を歯面に塗布して特殊な光を照射したり、マウストレーに薬剤を入れて一定時間装着したりして歯を白くする方法です。人工歯は白くできませんし、白さの効果には個人差がありますが、健康な天然歯を白くするのに有効です。むし歯や歯周病、知覚過敏がある方はその治療が優先しますので、まずは歯科医院に相談しましょう。

こんな方におすすめです
  • 結婚式や面接を控えている方
  • 今より歯を白くしたい方
  • ブラッシングしても歯がきれいにならない方
  • 黄ばんでしまった歯が気になる方
  • 市販のホワイトニングでは効果を実感できなかった方 など

歯の変色や黄ばみのおもな原因

歯が黄ばむ原因は、外部要因と内部要因に分けられます。

外部要因:飲食物や喫煙など

飲食物に含まれる濃い色素は、白い歯に「ステイン」として残ることがあります。カレーやキムチなどの色の濃い食べ物や、珈琲や紅茶、赤ワインなどは「ステイン」として付着しやすいのです。またたばこの「ヤニ」も歯の黄ばみを引き起こします。

内部要因;加齢による黄ばみ・抗生物質による黄ばみなど

歯の内部の象牙質はもともと黄色味を帯びています。その象牙質の色は加齢とともにだんだんと黄色味を増すうえ、歯の表面を覆っているエナメル質も薄くなるので、歯の色は加齢とともに黄色味を増すのです。ほかにも「テトラサイクリン」という抗生物質の服用により歯が黄ばむことがあります。

ホワイトニングの種類

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングです。歯の表面に高濃度の薬剤を塗布してから専用のライトを照射してホワイトニング効果を促進させます。1回の処置で白さを実感できますが、色の戻りも早いので数回の処置を受けて理想の白さに近づけます。

おすすめするのは……
  • 短期間で歯を白くしたい方
  • 歯をより白くしたい方
  • 専門家に処置してもらいたい方
オフィスホワイトニングの流れ
STEP1

STEP1

カウンセリングのあとで、歯をクリーニングします。

STEP1

STEP2

歯ぐきを専用のシールドで保護してから、歯面に薬剤を塗布します。

STEP1

STEP3

専用のライトを照射して、薬剤のホワイトニング効果を促進させます。

STEP1

STEP4

理想の白さになるまで数回の処置を行います。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

歯科医院で歯型を取り、専用のマウストレーを作製します。ご自宅でマウストレーに薬剤を注入して、毎日一定時間装着していただきます。即効性はありませんが、だんだんと白くなり、色も戻りにくいのがメリットです。

おすすめするのは……
  • 白さを長続きさせたい方
  • 通院の時間がない方
  • マイペースで処置したい方
ホームホワイトニングの流れ
STEP1

STEP1

カウンセリングのあとで、歯をクリーニングします。

STEP1

STEP2

歯型を採取してマウストレーを作製します。

STEP1

STEP3

ご自宅で丁寧に歯をブラッシングしたあとで、薬剤入りのマウストレーを一定時間装着していただきます。

STEP1

STEP4

毎日続けていただくと20日間くらいで理想の白さに近づきます。

ホワイトニングの効果と持続

ホワイトニングの効果には個人差があり、使用する薬剤や機器によっても効果は異なりますので、こちらはあくまで目安です。

白さの効果 持続期間 通院回数 相場
ホームホワイトニング 1~4トーン 6ヶ月~1年 2回程度 25,000円~
オフィスホワイトニング 4~5トーン 3ヶ月~6ヶ月 1~4回程度 30,000円~

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの比較

オフィスホワイトニング ホームホワイトニング
薬剤 過酸化水素 過酸化尿素
施術方法 歯科の専門家が行います。ホワイトニング剤を塗布してから特殊な光を照射します。 薬剤の入ったマウストレーを毎日一定時間装着していただきます。
向いているケース
  • 加齢にともなう黄ばみ
  • むし歯などの治療が優先するケース
  • 毎日の施術を行う時間が持てず、短期間で歯を白くしたい方
  • 光の照射がうまくいかない歯並びの方
  • 口が小さくて光の照射ができない方
  • 治療をしていない歯で、エナメル質の透明度が高い方
  • 毎日の施術ができる方